Hatena::Groupeulear

山原ユリアの日誌。

2007-07-24

 北からの海流は米山の裾に伸びる岩場に當つて砂を堆積する。舊い砂丘地帶に建つ街は舗裝一枚剥せばサラサラの砂土だつたから液狀化したのは當然だつたらう*1-地中に埋設された構造物の修復に相當の時間がかゝるといふのは飲込める。ところで水道破斷箇所からの漏水が路上に溢れてゐる態は冬季の融雪裝置が稼働してゐるところを想起させるがこれはたぶん周圍のアーケードなどの風景がおなじにみえるせゐだらう-一見すると變りがないやうにもみえたりして他所からではやはり状況が攫みきれない。

*1:發電所は濱の上に直に建設されたからいはずもがなで敷地の映像ではアスファルトが陷沒したり非道く波打つてゐるのが判る。

ゲスト



トラックバック - http://eulear.g.hatena.ne.jp/eulear/20070724