Hatena::Groupeulear

山原ユリアの日誌。

2007-07-04

 宛てを施して發信しなければ「私信」ではなく、單に「私記」なのかもしれず‐といふ氣もしなくもない(掻頭) …ところで、ブログ遊びでの迴響(※コメントや返應記事)の位置付けといふのは、譬ば偶然目にしたコンテンツを自らに向けられた信件と捉へることによつて惹き起こされる反應なのだと理解することも出來ようか。例の「クリリンのことか!」にしても同形のプロセスを經て導かれたひとつの結果だといへるのかもしれない。表れた徴しのどの階層深度でどんな流れに沿つて「意味」を見出だすかに係る事情から「讀み」は樣々に搖れるものだとおもふ*1

*1:「文字をなぞる」のではなく「文を讀む」といふ文脈における‐これは「文字」ではなくて「經驗」とか「想像」に係るおはなし。

ゲスト



トラックバック - http://eulear.g.hatena.ne.jp/eulear/20070704