Hatena::Groupeulear

山原ユリアの日誌。

2007-08-17

 「d.hatena.ne.jp +ID」の方のダイアリーでは「はてなキーワード」として登録された文字列と一致した順序で相同な文字コードの竝びが文中に現れると「このキーワードを含む日記」といふ名の一種の「アンテナ」自動的に捕捉される -つまり一覽表示に「まとめ」られた上でリンクを張られてしまふといふこと。現在は「グループ内のダイアリー」のみを最新の日付けで更新てゐるだけなので「…含む日記」に記載されることはないから好いのだが、喩ばこの「てゐ」などといふ妙なキーワードからリンクを張られることになつたら眞に興醒めと感じる。まつたく同じ體をなしてゐるからといつてその先にあるのが同じ指示物だといふことにはならず、ましてや個々の發話者を貫いてゐるそれぞれの動機を無視して形式上の一致のみに依つたオートマチックな「まとめ」をされることへの違和感は大きい。*1

*1:「キーワード」の効能に疑問を挾むならば「はてな」にダイアリーを持つこと自體も問はれることになるのかもしれない。では別の問題についてはどうか、馴染みの文字列を廃せば解決するのか。

2007-08-16

 今日みたニュースに據れば「原酒造」では無事だつた槽から壜詰めを始めて出荷を再開したとのこと。以前どこかに書いたやうに、この藏の酒を味の標準と考へて來たといふ經緯から「義」の部分をとりあへず勘定の外に置いたとしてもさうした「用」からして個のレヴェルでは大變喜ばしい報せと受け留めてゐる。ただし今後の仕込みをどうするのかなど心配はまだ失せたわけではなく、もし製品を購賣することが復興支援の手段として有効となるならば普段よりも消費量を引き上げる心算でもゐるところ。

2007-08-15

 合衆國が作つてくれた憲法を護持することは當の合衆國が無體な要求を突き付けて來たときの防衛としてすこぶる有効な言質となるのだからこれを一文たりとも變更するのはこの情勢のなかで行ふとすれば眞に禍根を殘すこととならう。「自前の憲法でイッパシの國家」などと氣取るのは危險極まりない發想なのであつてかうした動きには充分に警戒して行かなければならない。

2007-08-13

眞なる理論は具體的な諸状況と現にある諸關係との内部で解明され展開されなければならない

…とか、マルクスは云つてゐたけれど8/8のはなしはこれとは別の出典 -つまりマルキストではない別人の言。

2007-08-12

 北東の空には低く雲が張り出してゐて都心の燈に照らされ白く輝いてゐた。結局その方角に流星をみることは出來なかつた。

2007-08-11

 仲好しクラブの仲間でもないのだから、そこからの蹈み跡をみても嬉しくないちふてるのに。ワカラン奴だなあ...*1

*1:…といふ感覺によつてリンクを拒絶する例は多いのではないかと想像する。もちろんかうした考へ方はウヱブ利用の原理に照らして不正であるとして一蹴されることになるのだが、共時的働きかけの作用から被リンク側が何の影響も受けずに活動を續けることができないといふのも事實。それが一見可能であるやうなのはヲチられてゐる側の儀禮的無關心か網誌の自主的な更生管理を放棄してゐることによるだらう。だから普遍的な正しさに基いてその「括り」から蹈んで來れば好いだらう-私はそのことについて感じたままにただ嫌惡を表明するだけだから。

2007-08-10

 髪型變へたの?‐とか訊かれると些とイラッとすることもあるわけで、稍々それと似た感覺のやうでもある。*1

*1http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%c6%a4%f0
   ↑そのリンクはこれなんかと餘り變らないと感じる。

2007-08-08

 あらゆる状況性を剥ぎ取つた「本質だけ」を明にすることが理論目的であるのなら、その嚴密さを極めるほどに諮られるべき現實はどんどん遠ざかつて行くことになる。*1

*1:‐みたいな記述を經濟學關聯の本か何かで讀んだ氣がするが、また混亂した記憶による捏造なのかもしれない。いづれにせよ問題はすべて「状況のなかで」起るのだ‐これは確かなこと。

2007-08-03

 容體ぶつていふなら「他愛ない」とするのは意味を歪めてしまふ當て字であるわけだが、そんなところが如何にも「體ない(たーいない)」感じでもあるのかな、とか。